ドアの向こうに

ドアの向こうに

痛快刑事コンビが完全密室の謎に挑む!
定価: 748円(税込み)
発売日:2020年10月23日
「警察をなめたらあきませんわ」
奇怪なバラバラ死体×不可解な密室心中!直木賞作家の痛快本格ミステリ!

大阪の工事現場で発見された、男のバラバラ死体。
首は腐敗、足はミイラ化という奇妙な姿に、府警一課の刑事たちも困惑する。
さらに数日後、マンションの一室で男女の密室心中事件が発生。
現場からはバラバラ事件の記事の切り抜きが何枚も見つかった。
2つの事件は繋がっている? 
直情型の若手・文田と冷静沈着なベテラン・総田の刑事コンビ「ブンと総長」は、文句を垂れ、軽口もたたきながら、地道な捜査で着実に真相へと迫っていく!
  • ISBN コード : 9784041099759
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 352ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 13.2 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●黒川 博行:1949年3月4日愛媛県生まれ。京都市立芸術大学美術学部彫刻科卒業。大阪府立高校の美術教師を経て、83年、『二度のお別れ』が第1回サントリーミステリー大賞佳作。86年、『キャッツアイころがった』で第4回サントリーミステリー大賞を受賞。96年、「カウント・プラン」で第49回日本推理作家協会賞(短編および連作短編集部門)を受賞。2014年、『破門』で第151回直木三十五賞を受賞。他の著作に、『悪果』『繚乱』『離れ折紙』『後妻業』『勁草』『喧嘩』『果鋭』『雨に殺せば』『切断』など。

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品