ビジュアル解説でわかる! 老眼 近視 乱視 遠視も治せる 白内障手術のすべて 一生「見えにくい」から解放される

ビジュアル解説でわかる! 老眼 近視 乱視 遠視も治せる 白内障手術のすべて 一生「見えにくい」から解放される

白内障は誰もがなる老化現象。老眼、近視、乱視も治せる最新の白内障手術。
著: 赤星 隆幸
定価: 1,540円(税込み)
発売日:2020年12月17日
白内障は白髪のように、誰しもがなる老化現象です。50代では半数の人に水晶体ににごりが出ているといわています。
最近は、パソコンを使って仕事をするため、30代から罹患する若年型白内障も増えています。
白内障を治せるのは手術だけですが、術式と眼内レンズの進化により、
老眼も、近視、乱視、遠視も同時に治すことが可能になりました。
それゆえ、白内障手術は50代から受けるのが最適なタイミングに。
保険適用で最多の外科手術という身近な病気でありながらその現実はまだよく知られていません。

著者の赤星隆幸氏は、世界67か国で採用された術式を開発し、
毎年、1万件以上の手術をこなすた名医中の名医。
赤星先生に、イロハのイからわかりやすく教えてもらいました。
高額治療だけが最新技術ではなくて保険適用でも100歳までよく見える視力が手に入ります。
すべて、イラスト化し、ひと目でわかるビジュアル展開。
最近、見えずらくなってきたなと思ったら、まずご一読いただきたい決定版です。
  • ISBN コード : 9784048969024
  • サイズ : B5判 総ページ数: 96ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 182 × 257 × 8.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●赤星 隆幸:1957年神奈川県生まれ。自治医学大学卒業後、東京大学医学部附属病院、東京女子医科大学糖尿病センターなどを経て三井記念病院眼科部長をつとめる。白内障の画期的な手術法「フェイコ・チョップ法」を考案し、世界67か国に普及している。年間約9000件の白内障手術を執刀し、2017年、日本人で初のケルマン賞(白内障治療で国際的に活躍した眼科医を顕彰)を受賞。現在、秋葉原白内障クリニック、日本橋白内障クリニックなどで日々、診療と執刀を続けている。

・あなたは老眼?白内障?ひとつでも当てはまったら白内障かも!?
・眼の構造はカメラにそっくり。白内障は水晶体がにごる病気です
・白内障は4タイプ。パソコン業務で30代からの若年型が増えています
・執刀ドクターの選び方〜ホームドクターと執刀医は分ける時代に〜
・眼内レンズの進化で、老眼、近視、乱視、遠視も一緒に治せます
・費用の目安〜保険適用なので5万円から選べます
・術後のケアが結果を分ける  など


販売不可商品
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品