ブランドはもはや不要になったのか 「安くても買わない」時代に企業が見直すべきこと

ブランドはもはや不要になったのか 「安くても買わない」時代に企業が見直すべきこと

大手ブランドも次々倒産する中、生き残るブランドの条件とは?
定価: 1,650円(税込み)
発売日:2021年09月02日
ブランドを取り巻く環境が大きく揺らいでいる。これはしかし、今に始まったことではなく、バブル経済の崩壊の頃を端緒に、リーマンショック、東日本大震災、コロナ禍を経て段階的に進んできたものだ。
米国の老舗百貨店「ニーマンマーカス」、人気セレクトショップの「バーニーズニューヨーク」、ファストファッションの雄「ファーエバー21」、そして「レナウン」の経営破綻など、アパレル業界の不振、激震が大きく報じられている。そして言うまでもなく、ブランドとはアパレル業界に固有のものではなく、あらゆる業界に欠かせない存在だ。誰もが自社の、あるいは自身の「ブランド」を掲げているからだ。
そんな中、「ブランドはもはや不要である」という声も聞かれるが、本当にそうなのだろうか?

本書の著者、川島蓉子氏は40年にわたり、ファッション業界を起点として「ブランドビジネス」を見つめ続けてきた。トップから現場まで対話を重ねたインタビューは数知れず、徹底して「中」の話を聞きながらブランドビジネスについて考察を続けてきた。そして今、川島氏は次のように断言する。

「ブランドは無用なのではなく、今や未来を切り拓くために欠かせない存在と言っても過言ではない。ただしそのためには満たさねばならない要件がある」

単に看板を掲げてお客を待っているだけでは、じり貧だ。
本書ではその条件を6つに整理し、事例を含めながら解説する。扱うブランドの事例はファッションに限らず、日用品から飲食、そしてそれらを内包する「街」まで縦横無尽である。
ブランドは「これ」を意識しないと生き残れない、という6つの視点と問いに、あなたのブランドはどう備えているだろうか――。
  • ISBN コード : 9784046051080
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 280ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 14.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●川島 蓉子:1961年新潟市生まれ。ジャーナリスト。早稲田大学商学部卒業、文化服装学院マーチャンダイジング科終了。伊藤忠ファッションシステム株式会社取締役、ifs未来研究所所長などを歴任。日経ビジネスオンラインや読売新聞で連載を持つ。『TSUTAYAの謎』『社長、そのデザインでは売れません!』(日経BP社)、『ビームス戦略』(PHP研究所)、『伊勢丹な人々』(日本経済新聞社)、『すいません、ほぼ日の経営。』(日経BP社)など、様々なブランドビジネスに切り込んだ著書を多く持つ。

第1章 「最適な循環」をどう築くか――Sustainability
第2章 「共感できる志」はあるか――Identity
第3章 「実のある独自性」を打ち立てる――Originality
第4章 「心動かす創造力」のための試行錯誤――Creativity
第5章 「抜きんでた先見性」を発揮する――Inspiration
第6章 「上質な日常性」の追求――QOL


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品