ニッポンのおじさん

ニッポンのおじさん

おじさんの振り見て我が振り直せ――。
定価: 1,650円(税込み)
発売日:2021年04月21日
”おじさん”著名人たちへの違和感を痛快に綴った、cakes人気コラム「ニッポンのおじさん」ついに書籍化!

ビートたけし・岡村隆史・麻生太郎・星野源・小沢健二・木村拓哉・村上春樹・石原慎太郎・堀江貴文・菅義偉(敬称略)など各界を動かすおじさんたちと、彼らを取り巻く社会の動き、そしてそれを語る女たちまでも丸裸にしていく、新しいニッポンの男女論が詰まった一冊です。

◆「大江健三郎」「マルクス」「鬼滅の刃」「愛の不時着」「つんく♂」「CanCam」など古典からポップまで、多くの文学作品・人文書・漫画・映画・音楽などを文献として紐解きながら、鋭い切り口で分析。

◆連載当時より「言語化がすごい」「今回も名言だらけ」「今まで読んだ●●評の中で一番しっくりきた」と話題に!

◆著者の魅力の一つである高い視座の土壌ともなった、ギャル、社会学者、AV女優、新聞記者、それぞれの世界を体現した言葉で語られる註釈としての「プレイリスト」も見どころ。

◆「男のあられもなさをハープの音色のような文体で奏でられると、涙が出てくるじゃないか」――古舘伊知郎氏から推薦コメント!
  • ISBN コード : 9784041111444
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 256ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 18.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●鈴木 涼美:1983年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業、東京大学大学院学際情報学府修士課程修了。大学在学中にキャバクラのホステス、AV女優などの経験を経た後、大学院の修士論文が『「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか』(青土社)として書籍化。その後、日本経済新聞記者などを経て文筆家に。著書に『身体を売ったらサヨウナラ』(幻冬舎)、『おじさんメモリアル』(扶桑社)、『オンナの値段』(講談社)、『非・絶滅男女図鑑』(集英社)。

まえがき 権力とオカネを持ったいじめられっ子たち

愚かなおじさんは愚かじゃない女がお好き?――ビートたけし
言い難き嘆きも手――岡村隆史、藤田孝典
分け入っても分け入っても、あるよ山――乙武洋匡、ダースレイダー
僕らがミスをチル理由――Mr.Children
嫌われ男の一生――麻生太郎
多目的トイレの神様――渡部建
星野源になりたいボーイと小沢健二の全てに意味を持たせたガール――星野源、小沢健二
世界はそれをクロと呼ぶんだぜ――箕輪厚介、鬼滅の刃、愛の不時着
この街に降り積もってく真っ黒な悪の華――松浦勝人、惡の華
ブスの瞳に恋するな――燃え殻
ひょっとして死ンデレラ――角幡唯介、安田純平
ここが巣窟、迎えに来て――村西とおる
いやん、We can’t――福田淳一
キムタクはどう生きるか――木村拓哉・伊集院静
オナニー・コンフィデンシャル――吉村洋文
死の棘の刺さらずオトコ――船越英一郎、死の棘
ハルキはソレを愛しすぎてる――村上春樹
フェミ愛すべきオスがいて――石原慎太郎、椿三十郎
たのしく たのしく かわいくね――小室哲哉、つんく
なんとなく、クルッテル――田中康夫
木曜日のタロウ――山本太郎、キングダム
可愛くってずるくって意気地なしな去り際にカンパイ――安倍晋三
モテに火をつけ、白痴になれ――堀江貴文
謝んジャパン――菅義偉、Zeebra

あとがき カントリー・フォー・オールドメン〜「ニッポンのおじさん」からこぼれ落ちた者についての覚書


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品