戦国関東覇権史 北条氏康の家臣団

戦国関東覇権史 北条氏康の家臣団

「関東王国」を築き上げた、北条氏最盛期の真実とは。
定価: 1,012円(税込み)
発売日:2021年07月16日
両上杉家の打倒、北関東への進出、武田信玄との抗争と越相同盟……小田原北条氏三代・氏康の時代は、戦争が広域にわたって展開され、それを支える領国支配の仕組みが確立された戦国大名の形成期であった。当主のもと、領国の統轄に当たったのが一門衆・家老衆らの執行部である。「関東王国」を支えた、最強といわれた家臣団の知られざる戦争と統治の人事の実態を明らかにし、北条氏の最盛期を築いた氏康時代の真実に迫る。
  • ISBN コード : 9784044006686
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 272ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 10.4 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●黒田 基樹:1965年東京生まれ。早稲田大学教育学部社会科地理歴史専修卒業。博士(日本史学)。専門は日本中世史。駿河台大学教授。著書に『戦国大名・伊勢宗瑞』『戦国大名・北条氏直』(角川選書)、『関東戦国史』『戦国大名の危機管理』(角川ソフィア文庫)、『下剋上』(講談社現代新書)、『百姓から見た戦国大名』(ちくま新書)、『戦国北条五代』(星海社新書)、『戦国大名』(平凡社新書)、『北条氏康の妻瑞渓院』 (平凡社)、『北条氏政』(ミネルヴァ書房)、『図説 戦国北条氏と合戦』(戎光祥出版)など。

第一章 父氏綱から引き継いだ遺産 
第二章 両上杉家の打倒と北関東への進出
第三章 世代交代の始まり
第四章 氏政兄弟衆の台頭
第五章 武田信玄との抗争と越相同盟 
付  論 北条氏邦と越相同盟


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品