洛中洛外をゆく

洛中洛外をゆく

葉室麟と古都の魅力を味わい尽くす。珠玉の京都案内
著者: 葉室 麟
定価: 880円(税込み)
発売日:2022年02月22日
第一章……尾形光琳・乾山『乾山晩愁』
第二章……海北友松『墨龍賦』
第三章……小堀遠州『孤篷のひと』
第四章……現代のことば(コラム)
第五章……葉室麟との対話(澤田瞳子、諸田玲子、東山彰良、小堀宗実)
  • ISBN コード : 9784041117750
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 256ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 9.8 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●葉室 麟:1951年、北九州市小倉生まれ。西南学院大学卒業後、地方紙記者などを経て、2005年、「乾山晩愁」で歴史文学賞を受賞しデビュー。07年『銀漢の賦』で松本清張賞を受賞し絶賛を浴びる。09年『いのちなりけり』と『秋月記』で、10年『花や散るらん』で、11年『恋しぐれ』で、それぞれ直木賞候補となり、12年『蜩ノ記』で直木賞を受賞。著書は他に『実朝の首』『橘花抄』『川あかり』『散り椿』『さわらびの譜』『風花帖』『峠しぐれ』『春雷』『蒼天見ゆ』『天翔ける』『晴嵐の坂』など。2017年12月、惜しまれつつ逝去。
販売不可商品
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品