インド史 南アジアの歴史と文化

インド史 南アジアの歴史と文化

多様性をのみこむ5000年の文明史
著者: 辛島 昇
定価: 1,210円(税込み)
発売日:2021年11月20日
インダス文明から始まり、カースト制度の成立や仏教の誕生、列強による植民地化、そして独立運動に至るまで、5000年にわたる悠久のインド史を南アジア研究の大家が描き出す。写真40点を掲載。
  • ISBN コード : 9784041118504
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 256ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 9.8 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●辛島 昇:1933年生まれ、東京大学名誉教授、大正大学名誉教授。専門は南アジア史。タミル語刻文研究やカレーの研究で知られ、History and Society in South india(Oxford University Press)によって日本学士院賞を受賞。『インド・カレー紀行』(岩波ジュニア新書)、『インド文化入門』(ちくま学芸文庫)など多数の著作がある。2015年、没。

1 諸民族の来住とインダス文明
2 アーリヤ民族の進出
3 仏教とマウリヤ朝
4 クシャーナ朝と南インドの発展
5 グプタ朝とヒンドゥー文化
6 ラージプート諸国家とチョーラ朝
7 イスラーム政権の出現
8 ムガル帝国の発展とヴィジャヤナガル王国
9 マラーターの台頭とムガル帝国の瓦解
10 ヨーロッパ諸勢力の進出
11 イギリス植民地支配と「インド大反乱」
12 国民会議派の出現
13 ガンディーの登場
14 分離と独立
15 新しい秩序の模索
参考文献
年表
解説 大村次郷


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品