後宮妃の管理人 七 〜寵臣夫婦は出迎える〜

後宮妃の管理人 七 〜寵臣夫婦は出迎える〜

イラスト: Izumi
704円(税込)
発売日2022年11月15日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784040743387
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 256ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 9.8 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

因縁が燻る避暑地行。外交に後宮、それぞれの舞台を寵臣夫婦はどう捌く!?

 黎暉大国に初夏が訪れた。健康管理に暑さは天敵。そこで優蘭たち健美省は、皇帝の勅命のもと、妃嬪たちの避暑地行きを催すことに。朗報に沸く後宮だったが――ただ一人、普段は目立たない充媛の藍珠に、何故か避暑地行きを拒まれてしまい!?
 一方、優蘭の夫で右丞相の皓月にも、不穏な知らせが届いていた。過去に軋轢がある隣国・杏津帝国の外交使節団がやって来るのだという。しかも優蘭たちが赴く、避暑地の離宮で出迎えることになり!?
 因縁燻る避暑地行。外交に後宮、両方の舞台を寵臣夫婦は捌けるか!?

目次

   目次

 序章 妻、避暑地行きを喜ぶ
 一章 妻、重なる問題に思考を停止させる
 二章 寵臣夫婦、思わぬ事態の連続に混乱する
 三章 妻、自身の選択を後悔する
 四章 妻、新たな課題について考える
 間章一 とある異国人の追憶
 五章 妻、気持ち悪さを覚える
 六章 妻、花園のこれからを想う
 間章二 夫、推し量る
 間章三 とある皇弟の企み
 終章 寵臣夫婦、嵐の訪れを予感する

   あとがき
最近チェックした商品