ぼくはウーバーで捻挫し、山でシカと闘い、水俣で泣いた

NEW

ぼくはウーバーで捻挫し、山でシカと闘い、水俣で泣いた

1,650円(税込)
発売日2022年10月26日
販売不可商品
ほしいものリストに追加

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784044007157
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 224ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 127 × 188 × mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

いま、日本でおきていることを学びに。

経済思想家・斎藤幸平が研究室を飛び出して日本全国へ。岐路に立ち、新しい世界をつくるため奮闘している人、困っている人、理不尽と立ち向かっている人たちの声を聞き、現場から未来を考える。

著訳者プロフィール

●斎藤 幸平:1987年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科准教授。ベルリン・フンボルト大学哲学科博士課程修了。博士(哲学)。専門は経済思想、社会思想。Karl Marx‘s Ecosocialism(邦訳『大洪水の前に』)によって権威あるドイッチャー記念賞を日本人初、歴代最年少で受賞。同書は世界七カ国で翻訳刊行されている。日本国内では、晩期マルクスをめぐる先駆的な研究によって日本学術振興会賞受賞。45万部を超えるベストセラー『人新世の「資本論」』で新書大賞2021を受賞。
最近チェックした商品