味ごよみ、花だより

NEW out_of_stock

味ごよみ、花だより

748円(税込)
発売日2022年08月24日
販売不可商品
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041128237
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 288ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 10.8 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

『はなの味ごよみ』の著者が贈る、新たな恋と料理の時代小説。

小石川御薬園同心の岡田弥一郎は、同輩の佐々木六郎太に誘われ上野の小料理屋にやってきた。そこで弥一郎は、思わぬ人物に再会する。数日前、彼は、女性のお供を連れた老爺が道端で苦しんでいたのを助け、小料理屋まで運んだのだった。その時の女性が、目の前にいる時枝だった──。優しさを秘めながらも、言葉にできない弥一郎と、自らの苦境に耐え続ける時枝。二人の再会は偶然か、それとも運命なのか。書き下ろし時代長篇。

著訳者プロフィール

●高田 在子:神奈川県横浜市出身。相模女子大学短期大学部国文科卒業。日本児童文芸家協会会員。日本推理作家協会会員。
『開花請負人 忍桜の武士』(白泉社)、『将軍家御鏡役‐鷹の剣』

目次

目 次


第一話 再 会

第二話 約 束

第三話 仕込み

第四話 友の味
最近チェックした商品