妖怪の遺書、あつめてます

妖怪の遺書、あつめてます

著者: 岡田 遥
737円(税込)
発売日2023年01月25日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784049147025
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 304ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 11.4 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

“遺書”に託された妖の未練、果たします。

 妖怪の遺書――それは妖が遺した未練が形として現世に残ったもの。託された人間に、未練に因んだ霊障をもたらす厄介な遺書を受け取ってしまった女子高生・野乃子は、遺書を蒐集する骨董品店の主・茅島に助けられたことをきっかけに、遺書にまつわる事件に関わるようになる。
 母子二世代にわたり愛用された鏡に宿った付喪神。長年老夫婦と暮らした猫又。人に想いを寄せる橋の神。
 様々な妖が散り際に何を欲し何を願ったのかを、遺書から紐解くあやかし奇譚集。


◆登場人物&キーワード◆
檜村野乃子【ひのむらののこ】
妖怪の遺書を受け取り「笑顔が取れない」という霊障を受けた女子高生。二人暮らしだった母を亡くし、百箇日の法要までに霊障を解いて泣けるようになりたいと望んでいる。

茅島【かやしま】
海沿いで寂れた骨董品屋『ロマンス堂』を営む皮肉屋の店主。妖怪が書いた遺書を蒐集している。

妖怪の遺書【ようかいのいしょ】
一、妖怪が死する間際に、その未練をしたためた手紙。
二、受け取った者は未練にまつわる「霊障」を受ける。
三、「霊障」を払うためには、死した妖怪の未練を紐解き、代わって想いを果たさなければならない。

著訳者プロフィール

●岡田 遥:旅行雑誌やウェブ媒体に記事を提供するトラベルライターとして全国を巡る。その傍ら、全国各地に気になる伝承があると、その地の温泉旅館に仲居として出向いて取材を重ねるフットワークの軽い新鋭作家。

目次

序章 遺書
第1章 付喪神
第2章 猫又
第3章 橋姫
第4章 木霊
最近チェックした商品