彩雲国物語 十六、 蒼き迷宮の巫女

out_of_stock

彩雲国物語 十六、 蒼き迷宮の巫女

968円(税込)
発売日2023年03月22日
ほしいものリストに追加

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041132111
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 400ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 14.8 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

大人気中華風ファンタジー、最終章突入!

異能の一族・縹家の宮で目覚めた秀麗。外界と隔絶された宮から出るには、大巫女・瑠花に会わねばならない。けれど彼女の居場所は分からず、異能「千里眼」を持つ珠翠を探すことに。一方王都では、史上最悪の大災害、蝗害に対し、重臣たちが協議を重ねていた。しかし対処の全権を委任した国王の劉輝は、ただ見守るだけ。珠翠探しと並行し、蝗害の対処法も探る秀麗は、劉輝の救いとなれるのか──。大人気中華風ファンタジー、第16弾。

著訳者プロフィール

●雪乃 紗衣:茨城県生まれ。2002年10月「彩雲国綺譚」で第1回ビーンズ小説賞の読者賞・奨励賞をダブル受賞。03年11月、受賞作をもとに改稿執筆した『彩雲国物語 はじまりの風は紅く』で作家デビュー。同シリーズは11年7月に本編が完結し、累計650万部を超える大ヒット作となる。他の著作に「レアリア」シリーズ、『エンド オブ スカイ』がある。

目次

目 次

序 章

第一章 降るはずのない雪

第二章 揺れる王都

第三章 紅い傘の巫女

第四章 青き闇の鎖

第五章 琴きんの琴こ との響く夜

第六章 すべての門が開くとき

終 章

空の青、風の呼ぶ声
最近チェックした商品