コロナの夜明け

コロナの夜明け

1,760円(税込)
発売日2022年12月28日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041132272
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 304ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 20.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

あの感染症禍を経験した、すべての読者の胸を揺さぶる「わたしたち」の物語

始まりは、感染症研究者の生月碧にかかってきた1本の電話だった。「中国・武漢で未知のウイルス感染症が発生」。その新型コロナウイルスは、世界全体を巻き込む未曾有のパンデミックを引き起こした。碧は連日メディアに出演し、正しい感染症対策を訴え続ける。しかし、政府の対応は後手後手に終始、やがて緊急事態宣言が発出されるも感染者数は爆発的に増えていく――。それでも諦めない碧は、志を同じくする医師の石橋や保健所の鈴木たちとともに、懸命に闘い続ける。この暗闇の先に、きっと「夜明け」があるはずだと信じて。

著訳者プロフィール

●岡田 晴恵:白鴎大学教育学部教授。共立薬科大学大学院を修了後、順天堂大学にて医学博士号を取得。国立感染症研究所、ドイツ・マールブルク大学医学部ウィルス学研究所、経団連21世紀政策研究所などを経て、現職。専門は感染免疫学、公衆衛生学。テレビやラジオへの出演、専門書から児童書、小説まで幅広い執筆、講演活動などを通して、新型コロナウイルスを始めとする感染症対策に関する情報を発信している。2021年に自身の新型コロナ感染症との闘いを書き下ろした『秘闘 私の「コロナ戦争」全記録』を新潮社より刊行し、大きく話題となる。

目次

幕開き
予感
侵入
楽観
拡がり
我々のポリシー
攻撃
院内感染
「コロナじゃないですよ」
療養ホテル
医療崩壊の始まり
瀬戸際
医療崩壊
検証本
切り捨て
希望
直撃
いちゃいけない人間
無関心との闘い
地獄
もう一度 再び

あとがき
参考図書
最近チェックした商品