カドカワストア

  • 会員登録
  • ログイン

憧れの刑事部に配属されたら、上司が鬼に憑かれてました 京の夏の呪い

著者: 飛野 猶
イラスト: vient
770円(税込)
発売日2023年03月22日

数量

電子書籍をブックウォーカーで購入
  • ご利用可能なお支払方法

    クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041134351
  • サイズ :文庫判    総ページ数: 288
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 10.8 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

上司の「鬼化」は私が止めます!京都が舞台のオカルトミステリ!

京都府警に勤める岩槻亜寿沙の所属は「特異捜査係」。
他部署が匙を投げる、ふしぎな事件を担当する部署だ。
直属の上司・阿久津は、かつて捜査中に鬼に噛まれたことで鬼の素質を帯び、昼間はいつも眠そうで、夜は活動的だ。
しかも近頃「鬼化」が進み、暴力的な衝動を抑えがたくなりつつあった。
そして、五山送り火の時期。京都の民家で火事が発生する。
阿久津が女性を救出するが、原因は放火と判明し、連続放火事件へと発展して……。
天ケ瀬ダムで女子大生の自殺を止めたり、種苗会社の産業スパイ事件を捜査したりと、特異捜査係は大忙し!
果たして亜寿沙は阿久津の暴走を止めることができるのか……。

正義感の強い新人女性刑事と、「鬼になりかけ」上司との、京都が舞台のオカルトミステリ!

著訳者プロフィール

●飛野 猶:神奈川県在住。第3回カクヨムWeb小説コンテスト異世界ファンタジー部門「特別賞」を受賞しデビュー。アルファポリス第3回キャラ文芸大賞の大賞を受賞し、2020年12月に『東京税関調査部、西洋あやかし担当はこちらです。視えない子犬との暮らし方』を刊行。「好きになった人は、死人でした〜幽霊不動産対策班の怪奇事件ファイル〜」で魔法のiらんど大賞2020 小説大賞<キャラクター小説部門賞>を受賞し、同作を改稿の上『八坂不動産管理の訳アリな日常 幽霊と同居、始めました。』と改題して刊行。

目次

目次
第一章 あだし野念仏寺の怪異と五山の送り火 7
第二章 天ヶ瀬ダムの怪異 135
第三章 伏見稲荷の怪異 201