後宮の忘却妃 ―輪廻の華は官女となりて返り咲く―

後宮の忘却妃 ―輪廻の華は官女となりて返り咲く―

著者: あかこ
イラスト:
748円(税込)
発売日2023年04月14日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784040748702
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 304ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 11.4 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

「忘れられた妃」は、己が殺された謎を暴くため、後宮で花開く――。

■あらすじ
 汪国の妃、玲秋は敬愛する幼い公主、珠玉と共に確かに死んだ。皇帝に愛されることもないまま、突如国で謀反を起こした第三皇子、紫釉により生き埋めにされたのだ。
 ――けれど、玲秋は生きていた。なんと二年も時の戻った状態で。
 舞い戻った後宮で未来を変える方法を探ろうとした矢先、玲秋は後宮前でそこにいないはずの人物――紫釉と出会ってしまう。過去を思い出し警戒する玲秋をよそに、紫釉は珠玉の世話をする玲秋に対して好意的に接してきて……?
 愛憎渦巻く後宮で数々の想いが交錯する、中華後宮輪廻恋物語!

■登場人物
・玲秋(れいしゅう)…後宮の末端妃。後宮の片隅で物静かに暮らしていたが、謀反の際に生き埋めにされ死亡。二年前の後宮に舞い戻る。
・紫釉(しゆ)…汪国第三皇子。突如謀反を起こす。玲秋が殺されたのは彼の命令らしいのだが……。

目次

■目次

序章
一章 回帰
二章 天の祭祀
三章 蓮花
四章 改編
五章 決着
終章 後宮戦わずして廟算に勝つ
最近チェックした商品