古代への情熱

古代への情熱

訳: 池内 紀
1,056円(税込)
発売日2023年02月24日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784044007447
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 224ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 8.6 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

世界を考古のロマンへ誘い続ける、トロヤ発見で知られるシュリーマンの自伝

ドイツ北部の町に生まれたシュリーマンは、経済的な理由から大学を諦め、雑貨店や商社などを転々としたのち、商人として大成功をおさめる。
その資金を元手に、不屈の精神で遺跡の発掘へと邁進し、ついには通説を塗り替える大発見へと至った。
没後まとめられた本書は、人々を考古・歴史のロマンへと導き、今なおその魅力が色あせることはない。
ドイツ文学者・池内紀の訳で、情熱あふれる男の物語を堪能する。
解説・周藤芳幸


【目次】
はしがき  ソフィア・シュリーマン
第一章 幼い頃、及び商人時代(1822-1866)
第二章 イタカ、ペロポネソス、トロヤへの最初の旅(1868-1869)
第三章 トロヤ(1871-1873)
第四章 ミケネ(1874-1878)
第五章 トロヤ 第二次・第三次発掘(1878-1883)
第六章 ティリンス(1884-1885)
第七章 晩年(1885-1890)
訳者コラム
訳者解説
解説  周藤芳幸

著訳者プロフィール

●池内 紀:1940年、兵庫県生まれ。ドイツ文学者。カフカ、ゲーテの新訳や評論の他、自然や旅に関するエッセイなど著作多数。主な著書に『ゲーテさんこんばんは』、『海山のあいだ』、『二列目の人生』、『恩地孝四郎』、訳書に『カフカ小説全集』、『ファウスト』など。2019年逝去。

目次

はしがき  ソフィア・シュリーマン

第一章 幼い頃、及び商人時代(1822-1866)
第二章 イタカ、ペロポネソス、トロヤへの最初の旅(1868-1869)
第三章 トロヤ(1871-1873)
第四章 ミケネ(1874-1878)
第五章 トロヤ 第二次・第三次発掘(1878-1883)
第六章 ティリンス(1884-1885)
第七章 晩年(1885-1890)

訳者コラム
訳者解説

解説  周藤芳幸
最近チェックした商品