隣の席の中二病が、俺のことを『闇を生きる者よ』と呼んでくる2

隣の席の中二病が、俺のことを『闇を生きる者よ』と呼んでくる2

イラスト: 海原 カイロ
814円(税込)
発売日2023年11月01日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041137383
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 264ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 12.6 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

我が闇の能力<ちから>で この気持ちが届きますように

高校に潜入中の暗殺者・猫丸がようやく高校生活に順応し始めた頃。
『紅竜(レッドドラゴン)』を自称する竜姫紅音は今日も不敵に微笑む。

「フフッ、遂にこの時が来たか……『終末を告げる戦い -ラグナロク-』が!」
「ラグナロクだと……!?」(※いえ、ただの体育祭です)

二人三脚のペアを組むことになった2人だったが、人並外れて運動音痴の紅音の姿を間近で見ているうちに、猫丸は次第に紅音の正体を疑い始めて……。
もしかして、彼女は自分と同じ『殺し屋』ではないのかもしれない。
でもこの心をざわつかせる特殊な能力<ちから>は計り知れなくて――!

中二病と暗殺者。
違う世界だけど同じ「闇の住人」たちは、ますます惹かれあう!
最近チェックした商品