源氏愛憎 源氏物語論アンソロジー

源氏愛憎 源氏物語論アンソロジー

編・解説: 田村 隆
990円(税込)
発売日2023年11月24日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784044007645
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 208ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 8.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

紫式部は地獄に堕ちた!?  源氏物語をめぐる読者たちの愛憎を紐解く

成立から千年の時を経て世界文学となった『源氏物語』。現代では押しも押されもせぬ名作として愛読される本書の評価は、時代や評者によって毀誉褒貶があった。紫式部は狂言綺語の罪で地獄に落ちたと説く『宝物集』、愛ゆえに二度現代語訳した与謝野晶子、長すぎると苦言を呈した芥川龍之介、紫式部が和歌を重用した意図を探る馬場あき子……。精読ゆえの論難から読まず嫌いまで、古今それぞれの一家言をめぐる読書史アンソロジー。

著訳者プロフィール

●田村 隆:東京大学大学院総合文化研究科准教授。博士(文学)(九州大学)。専門は日本古典文学、主に平安朝文学。主著に『省筆論‐‐「書かず」と書くこと』(東京大学出版会、2017)など。

目次

はじめに

1 古典篇
紫式部日記 (紫式部)
更級日記 (菅原孝標女)
無名草子 (藤原俊成女)
宝物集 (平康頼 編)
六百番歌合 (藤原良経 主催)
源氏物語表白 (安居院聖覚)
今物語 (藤原信実)
河海抄 (四辻善成)
本阿弥行状記 (本阿弥光甫)
鳩巣小説 (室鳩巣)
本朝烈女伝 (黒沢弘忠)
紫家七論 (安藤為章)
源氏物語玉の小櫛 (本居宣長)

2 近現代篇
後世への最大遺物 (内村鑑三)
新訳源氏物語の後に (与謝野晶子)
長編小説の研究 (田山花袋)
文芸的な、余りに文芸的な (芥川龍之介)
『源氏物語』について (和辻哲郎)
小学国語読本「源氏物語」 (文部省)
小学国語読本巻十一「源氏物語」について文部省の自省を懇請する (橘純一)
伝統・小説・愛情 (折口信夫)
にくまれ口 (谷崎潤一郎)
源氏物語と私 (湯川秀樹)
源氏物語の構造 (円地文子)
本居宣長 (小林秀雄)
古典龍頭蛇尾 (太宰治)
物語の中の歌の有効性 (馬場あき子)

あとがき
出典一覧
最近チェックした商品