100日後、きみのいない春が来る。

100日後、きみのいない春が来る。

著者: miNato
748円(税込)
発売日2023年12月22日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041138809
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 304ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 11.4 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

全部きみが生きた証だから――。迷い泣きながら命と向き合う青春ストーリー

いつも自分を後回しにして、周りに合わせてしまう高校生の風里。大好きな絵もお母さんの一言でやめてしまったけれど、久しぶりに話した幼なじみの千冬くんは、風里の絵が好きだと言ってくれた。「一番は自分がどうしたいか、だろ」。その言葉をきっかけに、自分と向き合い、封印していた千冬くんへの想いを意識する。でも実は、彼が発症したら100日後には死んでしまう難病だと知って――。ラストは号泣の青春純愛ストーリー。10年後の風里の姿を描く書き下ろしショートストーリー「十年後の桜」を収録。

著訳者プロフィール

●miNato:兵庫県出身。看護師をしながらのんびり暮らしている。美味しいものを食ぺることが大好きでスイーツを求めて気の向くまま、ふらりと遠出することもある。「また、キミに逢えたなら。」で第9回日本ケータイ小説大賞の大賞を受賞。その他「もしも明 日があるのなら、君に好きだと伝えたかった。」など、著書多数。

目次

第一章 明日、きみと
第二章 消えゆく明日
第三章 明日が来たら
第四章 光と影の間
第五章 明日を夢見る
第六章 きみの春はすぐそばに

十年後の桜
あとがき
文庫版あとがき
最近チェックした商品