週に一度クラスメイトを買う話3 〜ふたりの時間、言い訳の五千円〜

週に一度クラスメイトを買う話3 〜ふたりの時間、言い訳の五千円〜

イラスト: U35
770円(税込)
発売日2023年12月20日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784040751795
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 310ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 14.6 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

曖昧になるルールと踏み込めない距離。この関係の行く先は――?

 夏休みが終われば、全て元通りになると思っていた。曖昧になったルールも、仙台さんとの距離も。なのに、彼女だけが未だに変で、「同じ大学受けたら?」なんて言いだす始末。そんなことを言われても、卒業後も一緒にいる理由はないし、彼女の将来に興味はない。そう、全く、少しも、私は興味ないのだ。
 
 夏休みが終われば、進路の話になるのは自然なことだ。例えば宮城に、私と同じ大学への進学を提案してみたり。もちろん、宮城がそんな未来を考えていないことは知っている。それでももし、彼女が私と一緒の未来を少しでも考えてくれたら――そんなことを期待する私はやっぱりずるいのかもしれない。
最近チェックした商品