仕事のためには生きてない

仕事のためには生きてない

1,980円(税込)
発売日2023年12月13日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041142646
  • サイズ : 四六判 変形 総ページ数: 264ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 132 × 188 × 16.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

職場も世の中も、捨てたもんじゃないって思いたい

『ミカゲ食品は「スマイルコンプライアンス」の精神で、信頼回復に努めてまいります』
異物混入騒動への社長の発言が炎上した翌日、35歳の多治見勇吉は、〈スマイルコンプライアンス準備室〉に異動となる。実体不明の社長の言葉を形にしろというのだ。
社長に忖度する役員の無茶ブリ、会議のための会議、終わらぬ資料作り。趣味のバンド活動が最優先だった勇吉も、仕事漬けの毎日に。そんな中、バンド仲間が余命宣告を受ける。
「自分はどうして、こんなに働いているのだろう」
よりよく働ける職場を目指し、勇吉の奮闘が始まる。

著訳者プロフィール

●安藤 祐介:1977年生まれ、福岡県生まれ。2007年、『被取締役新入社員』でTBS・講談社第一回ドラマ原作大賞を受賞。同書は、森山未來主演でドラマ化もされた。他の著書に『六畳間のピアノマン』『夢は捨てたと言わないで』『不惑のスクラム』『テノヒラ幕府株式会社』『一〇〇〇ヘクトパスカル』『宝くじが当たったら』『大翔製菓広報宣伝部 おい! 山田』『営業零課接待班』などがある。

目次

プロローグ
第一章 デコレーション資料フェスティバル
第二章 定義し難きものを定義せよ
第三章 クソして寝て、起きて働いて飯を食え
第四章 古き良き時代を検証せよ
第五章 よりよく変身できますように
第六章 どのみちウチら、集った仲間だから
第七章 半径五メートルに思いを馳せろ
エピローグ
最近チェックした商品