テミスの不確かな法廷

NEW

テミスの不確かな法廷

著者: 直島 翔
1,925円(税込)
発売日2024年03月26日

数量:

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041147931
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 232ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 15.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

社会に交わり、 ままならぬ心身と向き合い、 罪を裁く。

任官七年目の裁判官、安堂清春(あんどうきよはる)は、東京からY地裁に赴任して半年。幼い頃、発達障害と診断され、主治医のアドバイスを受け、自身の特性と向き合ってきた。
市長候補が襲われた詐欺未遂と傷害事件、ほほ笑みながら夫殺害を告白する女性教師、「娘は誰かに殺された」と主張する父親……。さまざまな事件と人との出会いを通じて、安堂は裁判官として、そしてひとりの人間として成長していく。

著訳者プロフィール

●直島 翔:1964年宮崎県生まれ。立教大学社会学部社会学科卒。新聞社勤務。2021年、『転がる検事に苔むさず』で第3回警察小説大賞を受賞しデビュー。ほかの著書に『恋する検事はわきまえない』『警察医のコード』。

目次

カレンダーボーイ
恋ってどんなものかしら
擬装
最近チェックした商品