トンコハウス映画祭開催記念

浮世絵木版画『ダム・キーパー』

トンコハウス映画祭額装アートポスター

Tonko House meets Ukiyo-e

トンコハウス映画祭開催記念
ロバート・コンドウ監督による描き下ろしを原画にした
浮世絵木版画『ダム・キーパー』
初版限定100枚の発売決定!

応募多数が見込まれるため、抽選予約にて販売をさせて頂きます。
お申し込み頂いた方の中から抽選で当選された方のみにご連絡をさせて頂き、
本商品がご購入頂けます。

浮世絵申込販売期間

抽選お申込み方法

お申し込みには会員登録が必要です。会員登録の上、
【浮世絵木版画『ダム・キーパー』抽選販売ページ】より詳細を御確認ください。

抽選お申込み方法
浮世絵木版画『ダム・キーパー』抽選販売ページ

商品仕様

浮世絵木版画『ダム・キーパー』

価格:66,000円(税込)
※【重要】消費税変更に伴うお知らせ

お渡し時期:2019年12月下旬予定
商品内容:木版画1枚
※本体他、額装マット(額縁なし)

絵寸:縦約38cm × 横約25cm
作画:トンコハウス
高橋工房版
制作協力:株式会社ホビーストック

商品詳細ページ
カートに入れる

《商品に関するご注意》
・カドカワストアでは海外への発送は対応しておりません。
・職人が手作業で一つずつ制作するため個体差がございます、予めご了承下さい。
・制作過程で色ずれや色むら、紙のヨレ等が発生することがございますが、木版画の特徴の一つでもありますので、独特の風合いとしてお楽しみください。
・商品画像(原画)と実際の商品は多少異なる場合がございます、予めご了承ください。
・保管される場合は、直射日光を避け、なるべく風通しの良い場所をおすすめいたします。
・ご購入はお一人様1点限りとさせて頂きます。重複購入が確認された場合は、そのお申込みをキャンセルさせて頂きます。

浮世絵木版画 製作工程

彫り Carving

浮世絵版画は「線」と「面」で構成されています。墨線彫りにより墨板が生まれ、最も重要な「線(輪郭)」の版木となります。その墨板から色を摺り重ねるための色板が生まれ、「面」の版木となります。

Ukiyo-e woodblock prints are produced from a key block and color blocks. Also known as the sumi block, the key block─which emerges as the carver etches the outlines of the original drawing into the block─is the most essential block in the woodblock printing process. Impressions made from the key block are employed to carve the color block blocks used to make the color prints.

摺り Printing

浮世絵版画は、通常15回〜20回の色摺りで完成されています。1色の絵具で摺ったり、2色以上の絵具を摺り重ねる「かけあわせ」と呼ばれる摺り方によって完成します。基本的に淡い色から順次濃い色へと摺られ、そこに様々な摺り技巧が加えられます。

Ukiyo-e woodblock prints are normally produced by layering fifteen to twenty separate printings in different colors. These are two types of printing─one uses a single color, and the other, called kake-awase, overlaps two or more colors. The colors are generally added in a sequence from light to dark, and various other printing techniques are used to finish the product

素材 Materials

版木 Woodblocks

細密な線の彫り、多色摺りの磨滅に耐え堅牢緻密で木質が揃う山桜材を用いた「無垢板」、または同等の材質を有するものを使用。数年間乾燥させた山桜材を木取りし、木目に対して順目に荒・中・仕上げの三工程の鑢がけで板木の両面を平滑にします。

Blocks for printing are cut from solid of mountain cherry─a durable wood with a fine grain that holds up under detailed carving and multiple rubbings in different colors of ink─and other woods with these characteristics. To prepare the blocks, rough-sawn mountain cherry that has been dried for several years is dressed and then planed along the grain in three stages─rough, intermediate and finishing─until both side of the blocks are smooth.

紙 Paper

楮を原料とした手漉和紙の「生漉奉書」を使用します。用紙の両面に礬水(「明礬」を「膠」で溶いた液)を引き、紙に耐久性を持たせて絵具のにじみを防ぎます。

Woodblock prints are reproduced on handmade kizuki housho paper─traditional Japanese paper made from mulberry fibers, Both sides of the paper are glazed (with a solution of alum dissolved in gelatin)to make it durable and prevent colors from bleeding.

絵具 Pigments

絵具は大きく分けて植物性と鉱物性があります。墨、弁柄(紅殻)、洋紅、本藍、ベロ藍、石黄、藤黄(雌黄)、胡粉、雲母などがあります。その他の色は絵具の混色や摺り重ねによってさまざまな色を作り出します。また、摺る際にムラなく色付きを良くするため少量の糊を用います。

The pigments used can be categorized as plant-based or mineral-based. Common pigments include black Japanese ink, benigara(iron[III] oxide), carmine, true indigo, Prussian blue, orpiment, gamboge, calcium carbonate and mica. Many other colors are produced by mixing pigments or by overlaying multiple colors during the printing process. A small amount of glue is added to the pigments so the colors will adhere well without blurring during printing.

トンコハウス映画祭  額装アートポスター(アーティスト直筆サイン入り・B2サイズ)

カドカワストア先着100名さま限定の
『トンコハウス映画祭』額装アートポスターの
販売が決定!!

トンコハウス映画祭 額装アートポスター
(アーティスト直筆サイン入り・B2サイズ)

価格:10,800(税込)

価格:10,800円(税込)
受注期間:2019/4/26〜5/26 ※先着100枚限定商品となります
お届け予定日:発売日以降順次お届け予定
発売日:2019年6月下旬予定

サイズ(ポスター):B2(72.8cm×51.5cm)
素材(ポスター):マットコート紙
サイズ(額):幅55cm×高さ76.5cm×厚さ1.3cm
素材(額):木製・PET

商品詳細ページ
カートに入れる

※画像はサンプルです。
※ご購入はお一人様1点限りとさせて頂きます。重複購入が確認された場合は、
 そのお申込みをキャンセルさせて頂きます。

堤大介とロバート・コンドウは、世界最高のアニメ・スタジオといわれるピクサーでアート・ディレクターとして活躍するかたわら、自分たちで脚本を書いて、自主制作映画をつくりました。ふたりの初監督作品『ダム・キーパー』は、世界中の国際映画祭で20以上の賞を受賞し、2015年米国アカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされるなど、一大センセーションを巻き起こしました。2014年、ふたりはピクサーから独立して、トンコハウスを設立。新たな仲間とともに、映像、出版、アートイベントなど多方面へ活動の幅を広げています。
2019年3月には、初めての描き下ろし絵本「ダム・キーパー」を上梓(KADOKAWA刊)。4/27よりEJアニメシアター新宿にて、米アカデミー賞受賞作を多数含む、自らキュレーションした古今東西の傑作アニメーションを20作品以上集め「トンコハウス映画祭」を開催(5/26(日)まで)。5月には韓国ソウル市・江南地区にて、大規模な「トンコハウス展」を約4か月に渡り開催するなど、いま世界から最も注目されるスタジオです。

ロバート・コンドウ

南カリフォルニア出身。ロサンジェルス近郊のアートセンター・カレッジ・オブ・デザインを卒業。2006年、憧れていたピクサーでスケッチ・アーティストとして『レミーのおいしいレストラン』の制作に携わる。その後、背景美術監督として『レミーのおいしいレストラン』『トイ・ストーリー3』『モンスターズ・ユニバーシティ』を手がける。2014年7月ピクサーを去り、トンコハウスを設立。新たなチャレンジと冒険の毎日を送っている。

堤 大介

東京都出身。ルーカス・ラーニングを経て、ブルースカイ・スタジオで、『アイス・エイジ』『ロボッツ』などのコンセプト・アートを担当。2007年ピクサー入社。アート・ディレクターとして『トイ・ストーリー3』『モンスターズ・ユニバーシティ』などに参加。2014年7月、ピクサーを去って、トンコハウスを設立。71人のアーティストが一冊のスケッチブックに絵を描いて、世界中に回したチャリティプロジェクト『スケッチ・トラベル』の発案者でもある。

あの名作アニメーションが浮世絵に出会った!

堤大介とロバート・コンドウが、自ら脚本を書いて自主制作した短編映画『ダム・キーパー』は、2015年米国アカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされるなど大きな話題となりました。魅力的なキャラクター、繊細な光と影の表現、独特な世界観で観客を魅了した『ダム・キーパー』はいま、ハリウッドで長編化プロジェクトが進行中です。

©2019 Tonko House Inc.