太平洋戦争 日本の敗因1 日米開戦 勝算なし

太平洋戦争 日本の敗因1 日米開戦 勝算なし

編者: NHK取材班
924円(税込)
発売日1995年05月23日
ほしいものリストに追加

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041954126
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 272ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 10.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

軍需物資の大半を海外に頼る日本にとって、海上の物資補給線を確保することは、戦争を遂行する上での生命線だった。それにもかかわらず、日本は「太平洋シーレーン」を確保するプランを持たないまま開戦に突入した。これでは、勝算はない。船舶は不足し、海上護衛の考えのない日本は、輸送船を次々と沈められ、戦争計画は根本から崩れていった――。「合理的全体計画」をもてない、現代社会に引き継ぐ日本の決定的弱点を晒す。

目次

まえがき
プロローグ

1 甘く見た船舶問題
国策を決定した船舶損耗率
紹戦の勝利
海上護衛の思想を欠いた日本海軍

2 破綻した計画
苦悩するアメリカと楽観する日本
アメリカの対Uボート作戦
太平洋戦争のターニングボイント

3 急落する国カ
太平洋の艤地獄
アメリカの輸送船建造
失敗した占領地経済

4 反撃するアメリカ潜水艦
戦いを制した情報兵器
改善されるアメリカの兵器
物資動員計画の破綻
手遅れだった護衛対策

5 崩れ去る日本経済
絶対国防圏の崩壊
最後の輸送船団

6 飢餓と敗戦と
トドメを刺された日本経済
日本の敗因

参考文献
あとがき
文庫版あとがき
最近チェックした商品