勝負の分かれ目(下)

勝負の分かれ目(下)

著者: 下山 進
デザイン: 緒方 修一
定価: 1,012円(税込み)
発売日:2002年01月25日
「小説書きの側からすると、男と女の深淵に迫るというのではなしに、どうやったらこんなに素晴らしいものが作れるのかと、唖然とする」。後に直木賞作家になる白石一文はこの本のゲラを最初に読んだ時、こう著者宛ての手紙にしたためた。

 記者クラブの自由化、通信の自由化とともに、日本経済新聞のカネを生む端末QUICKに一挙に苦境が訪れる。ディーラーが株や通貨の運用を分析する端末から始まったブルームバーグがニュース帝国を築き、ロイターはついにサイバー空間上に為替市場をつくりだした。カネがカネを生むマネー資本主義の成立に翻弄されながらも、世紀のスクープに挑む記者たち。不朽の名作完結編。

第13章  カジノか、ジャーナリズムか
ロイター・モニターの次のステップは取引の執行だった。が、ひとりの編集幹部が異議を唱える。これはカジノだ!

第14章  進出
国内市場に乏しいロイターは、早くから国際市場を開拓していった。日本はその最大のターゲットであった

第15章  黄金の八〇年代
日経の総合情報化路線は、森田康の社長就任で花開く。通信社機能を持ち、国際市場に打って出ようとする森田

第16章  森田失脚
総合情報化路線をひた走る森田日経にスキャンダルが炸裂した。森田が語った最初で最後のリクルート事件始末

第17章  バブル崩壊
バブル崩壊で縮む東京の証券市場。しかし、日経QUICKの放埒な投資は止まらなかった。暗い凋落の予感が……

第18章  金融からジャーナリズムへ
米国の金融革命はまったく新しいタイプのメディアを生んだ。ソロモン・ブラザーズのトレーダーが興した新通信社

第19章  兜倶楽部開放
第20章  試練
第21章  記者たち

第22章  東京三菱銀行合併スクープ異聞
専門情報か。スクープか。記者たちは苦悩する。激しい電子メディア戦争のなか、最大級のスクープに挑む記者たち

第23章  愛する者のために
一刻も早く市場へニュースを。自由化と技術革新による競争の激化で、記者たちは極限状況におかれる。壮絶な戦死

エピローグ
政治が経済を屈伏させていた時代から、経済が政治を屈伏させる時代へ。往復運動をしながらも歴史は作られていく

文庫版特別書き下ろし
インターネットはロイターを無にするのか? 急落する株価にロイターは重大な決断をする。登場人物たちのその後

解説 外岡秀俊  空前の規模で描くメディアの変貌
  • ISBN コード : 9784043628025
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 512ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 18.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

数量

ほしいものリストに追加

同じ著者の別の作品を見る

電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品