天文歳時記

天文歳時記

空を見上げ、季節を感じ、俳句を詠む。これぞ「うた」の醍醐味!
定価: 1,620円(税込み)
発売日:2008年01月10日
古来、日本人は空を見上げ、虫の音に耳を傾け、詩歌を詠んできた。詩歌は人々の想いや生活、自然観を映す鏡でもある。国立天文台台長を務めた著者が、彗星や日蝕を科学的に解説し、天文と詩歌を綴るエッセイ。

〈目次〉
新年・春
  初日影
  若水
  オリオン座の物語
  天まで上がれ
  富士の高嶺
  春星うるむ
  弥生
  朝寝
  花が散る
  詩人たちの星
  ハワイの星うた
  天を測る


  ほととぎす
  鯉のぼり
  日蝕の影
  宇宙からの訪問
  大空の一片
  金銀の箔を散らして
  消え入りしもの
  大火流る
  天の川の爆発
  そらの微塵
  宇宙
  天文台


  伝統的七夕
  ものの貸しよい節句前
  うつくしや天の川
  いなずま
  火星に遠き人ごころ
  宇宙で生命と出会う
  月は変われど
  月が生まれた
  ミミズ鳴く
  星流る
  秋の星空
  星空劇場


  日の落穂
  ゴッホの星
  天の川より出水かな
  すばる
  キシェラック ヤイラック
  北斗の剣
  雪
  星のおしゃべり
  とき
  こよみ
  地球

あとがき

詩歌索引

主用引用・参考文献
  • ISBN コード : 9784047034181
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 224ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 127 × 190 × 0.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
stok_
送料無料
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品