知っておきたい「食」の世界史

知っておきたい「食」の世界史

616円(税込)
発売日2006年10月30日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784044064020
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 240ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 9.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

トマトは、なんと媚薬だった! 料理と食材からわかる「おもしろ世界史」

私たちの食卓は、世界各国からもたらされたさまざまな食材と料理にあふれている。日常的に食べているものの意外な来歴、世界各地の食文化とのかかわりなど、身近な「食」にまつわる歴史と文化をさまざまな切り口で展開。大航海時代に地球規模で劇的に変化した食材の世界交流、コールドチェーンがもたらした食文化の単一化など、食卓の上を世界各地からの食材や料理文化が踊る「小さな大劇場」にみなした、おもしろ世界史。

著訳者プロフィール

●宮崎 正勝:1942年生。北海道教育大学教育学部教授。専攻は、前近代の国際交流史、世界史教育、社会科教育学。著書に『早わかり 世界史』『早わかり 東洋史』(日本実業出版社)、『海から の世界史』(角川選書)など多数。

目次

はじめに

第一章 人類を生みだした自然の大食糧庫

 1 腐っていく食材との闘い
 2 大地と海に調味料を探す

第二章 農耕・牧畜による食のパターン化

 1 イネ科植物が運んだ食糧の安定
 2 三大穀物とそれぞれの食世界
 3 食肉の主役となったブタとヒツジ

第三章 世界四大料理圏の誕生

 1 巨大帝国で体系化された料理
 2 大乾燥地帯に根ざした中東料理
 3 森と地中海で育ったヨーロッパ料理
 4 ウシを殺さずウシを生かしたインド料理
 5 内陸性をベースにする中国料理

第四章 ユーラシアの食文化交流

 1 絶えなかったユーラシアの食材移動
 2 草原と砂漠を越えてやってきた食材
 3 万里の波濤を越えて

第五章「大航海時代」で変わる地球の生態系

 1 コロンブスの交換
 2「旧大陸」を救った食材たち
 3 食卓に浸透する「新大陸」
 4 新大陸が育てた嗜好品
 5 日本にもおよんだ「食の大交流」

第六章 砂糖と資本主義経済

 1 日用品に変身した嗜好品
 2 嗜好品が結びつけた三大陸

第七章「都市の時代」を支えた食品工業

 1 加工食品で変身する食の世界
 2 封じ込まれた腐敗
 3 進む食の世界化

第八章 低温流通機構とグローバリゼーション

 1 アメリカ主導の「冷凍食材の時代」
 2 世界にひろがったインスタント食品
 3 食卓に影響をおよぼした流通革命
 4 ダイエットと飢餓

  参考文献

  あとがき
最近チェックした商品