カドカワストア

  • 会員登録
  • ログイン

僕の見た「大日本帝国」

985円(税込)
発売日2010年07月24日

数量

  • ご利用可能なお支払方法

    クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784044094256
  • サイズ :文庫判    総ページ数: 400
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 14.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

報道されない「反日と親日」の狭間に揺れるアジアの心を鮮やかに描き出す!

十字架と共存する鳥居、見せしめにされている記念碑――。かつて日本の領土だった国や地域に残る不可思議な光景は何か。戦争を知らない世代の著者が、埋もれてしまった「あの時代」を丹念に見つめ直す意欲作

著訳者プロフィール

●西牟田 靖:1970年生まれ。ノンフィクション・ライター。軽やかなフットワークを持ち味に、等身大のニュートラルな視点で「歴史と記憶」に真摯に向き合う姿勢が、幅広い世代から共感を呼んでいる。著書に『僕の見た「大日本帝国」』『僕たちの「深夜特急」』などがある。

目次

プロローグ――ジャパニーズ・エンパイア
第一章 ロシアの鳥居……サハリン篇
第二章 山の中の敬礼……台湾篇
第三章 交差する感情……韓国篇
第四章 消せなかった橋……北朝鮮篇
第五章 見せしめの記念碑……中国東北部篇
第六章 十字架と鳥居……ミクロネシア篇
エピローグ――ストレンジ・デイズ
文庫版あとがき

解説 松原隆一郎