万葉集の〈われ〉

万葉集の〈われ〉

われとは、万葉集とは何か。近・現代短歌の基底部を新たな視点で照らす。
定価: 1,836円(税込み)
発売日:2007年04月27日
〈目次〉
第一章 はじめに
1 短歌はなぜ一人称詩なのか
2 〈われ〉とは誰か
3 万葉集と近代
4 万葉集に〈われ〉はいくつあるか
第二章 万葉集の〈われ〉の現場
1 宴席歌の〈われ〉1
2 宴席歌の〈われ〉2
3 旅の歌の〈われ〉1
4 旅の歌の〈われ〉2
5 旅の歌の〈われ〉
6 葬歌から挽歌へ1
7 葬歌から挽歌へ2
8 相聞歌の〈われ〉1
9 相聞歌の〈われ〉
第三章 万葉集を考える
1 短歌とは何か1
2 短歌とは何か2
3 〈内〉と〈外〉
4 〈内〉と〈外〉2
5 歌語の制度化
6 読みのコード1
7 読みのコード
第四章 終わりに
あとがき
  • ISBN コード : 9784047034082
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 320ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 127 × 190 × 0.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●佐佐木 幸綱:1938年東京生まれ。父・佐佐木治綱の死を契機に作歌を始め、早稲田短歌会に入会。71年現代歌人協会賞受賞。94年迢空賞、97年若山牧水賞受賞。「心の花」編集長。早稲田大学教授。
stok_
送料無料
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品