カドカワストア

  • 会員登録
  • ログイン

史記 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典

著者: 福島 正
968円(税込)
発売日2010年12月25日

数量

電子書籍をブックウォーカーで購入
  • ご利用可能なお支払方法

    クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784044072193
  • サイズ :文庫判    総ページ数: 272
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 10.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

教科書でおなじみの名場面で紀元前中国の歴史を知る。

『史記』は全130巻におよぶ中国最初の正史。王や名将たちから大商人や殺し屋に至るまで、強烈な個性の人々を鮮やかに描き、ここから生まれた故事成語も多い。本書では、「鴻門の会」「四面楚歌」で有名な項羽と劉邦の戦い、伍子胥の復讐劇、春秋時代末期に起きた呉越の抗争など、教科書でもおなじみの名場面を精選して収録。『史記』の全容がわかる簡潔な解説も加え、中国の歴史を躍動的な原文と現代語訳で楽しむ決定版。

著訳者プロフィール

●福島 正:1954年、大阪市生まれ。京都大学大学院文学研究科中国哲学史修士課程修了。現在、大阪教育大学教授。専攻は中国思想史。著書に『鑑賞中国の古典 史記・漢書』(角川書店)、論文に「天書始末記」「『史記』と『資治通鑑』」「『史通』疑古篇論考」などがある。

目次

はじめに

解説 司馬遷と『史記』
 一、司馬遷のこと
 二、『史記』のこと

付録
 参考文献
 『史記』篇目表

第一部 春秋末期の動乱──「伍子胥列伝」より
  伍子胥の父祖
  費無忌の陰謀
  父と兄の死
  決死の逃避行
  呉という国
  呉王暗殺
  二人の佞臣
  呉の孫子
  ついに郢へ
  尸に鞭うつ
  日暮れて途遠し
  闔廬の死
  会稽の恥
  伯ヒの讒言
  伍子胥の最期

第二部 戦国時代の人間関係──「魏公子列伝」より
  門番の老人
  無礼な侯エイ
  侯エイの弁明
  趙の危機
  公子の決意
  侯エイの秘策
  将 外に在れば
  客の心意気
  侯エイの死
  司馬遷の公子評

第三部 秦から漢へ──「項羽本紀」など
  始皇帝の崩御──「秦始皇本紀」より
  陳勝・呉広の蜂起──「陳渉世家」より
  項羽、初めて起つ──「項羽本紀」より
  劉邦、初めて起つ──「高祖本紀」より
  策士范増──「項羽本紀」より
  懐王の約束──「高祖本紀」より
  秦の滅亡──「高祖本紀」より
  法三章──「高祖本紀」より
  鴻門の会、その前夜──「項羽本紀」より
  鴻門の会、その当日──「項羽本紀」より
  鴻門の会、その終幕──「項羽本紀」より
  ケイ陽の戦い──「項羽本紀」より
  四面楚歌──「項羽本紀」より
  項羽の最期──「項羽本紀」より

おわりに

コラム
 「伍子胥変文」
 「呉越同舟」
 「臥薪嘗胆」
 「伍子胥の怨霊」
 左と右
 「のう中の錐」──平原君のこと
 「鶏鳴狗盗」──孟嘗君のこと
 楚王の父──春申君のこと
 陳勝の逸話
 秦帝国最後の日々
 『史記』と語り物
 「故郷に錦を飾る」