実朝の首

実朝の首

著者: 葉室 麟
748円(税込)
発売日2010年05月25日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784043930029
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 336ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 13.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

首はどこへ消えたのか? 悲劇に隠された真相とは。

将軍・源実朝が鶴岡八幡宮で殺され、討った公暁も三浦義村に斬られた。実朝の首級を託された公暁の従者が一人逃れるが、消えた「首」奪還をめぐり、朝廷も巻き込んだ駆け引きが始まる。尼将軍・政子の深謀とは。

著訳者プロフィール

●葉室 麟:1951年北九州市生まれ。西南学院大学卒業後、地方紙記者などを経て、2005年「乾山晩愁」で歴史文学賞を受賞しデビュー。2007年『銀漢の賦』で松本清張賞を受賞。『いのちなりけり』『秋月記』『花や散るらん』は直木賞候補となる。著書は他に『風渡る』『風の王国』がある。
最近チェックした商品