なぜ日本は〈嫌われ国家〉なのか 世界が見た太平洋戦争

out_of_stock

なぜ日本は〈嫌われ国家〉なのか 世界が見た太平洋戦争

796円(税込)
発売日2010年07月09日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784047102477
  • サイズ : 新書判 総ページ数: 168ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 108 × 173 × 10.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

なぜ戦後日本は世界から嫌われるようになったのだろう…?

太平洋戦争は各国の日本観及び日本人観にどのような影響を与えたのだろうか。連合国、枢軸国それぞれが見た「ニッポン」を手がかりに、あの戦争が戦後の国際社会に与えた影響を徹底分析。

著訳者プロフィール

●保阪 正康:1939年生まれ。ノンフィクション作家。評論家。近現代史(特に昭和史)の事象、事件、人物を中心にした作品や、医療・医学を検証する著作を発表。
最近チェックした商品