月に名前を残した男 江戸の天文学者 麻田剛立

out_of_stock

月に名前を残した男 江戸の天文学者 麻田剛立

カバーデザイン: 芦澤 泰偉
692円(税込)
発売日2012年08月25日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784044052096
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 192ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 9.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

月のクレーターに名を残す麻田剛立。彼から日本の近代天文学は始まった。

江戸後期、宇宙にあこがれた少年は優れた観察力によって歴史を塗り替える発見を重ねていく。日本初の天文塾を開き近代天文学の礎となった麻田剛立。月のクレーターにも名を残す知られざる偉人の生涯を描く。

著訳者プロフィール

●鹿毛 敏夫:1963年大分県生まれ。広島大学文学部卒、高校の日本史の教師となる。その後、大分大学・九州大学の大学院で学ぶ。国立新居浜工業高等専門学校准教授。文学博士。著書に『戦国大名の外交と都市・交通』(思文閣出版)ほか。
最近チェックした商品