プログラミング言語Rust 公式ガイド

プログラミング言語Rust 公式ガイド

RustコミュニティーによるRust言語入門の決定版!
著者: Steve Klabnik
著者: Carol Nichols
訳: 尾崎 亮太
定価: 4,180円(税込み)
発売日:2019年06月28日
「Rustプログラミング言語は、エンパワーメント(empowerment)を根本原理としています。どんな種類のコードを現在書いているにせよ、Rustは幅広い領域で以前よりも遠くへ到達し、自信を持ってプログラムを組む力を与え(empower)ます。」(本書「まえがき」より)
システムレベルのプログラムからWebサーバーやコマンドラインアプリなど、さまざまな分野に利用できるプログラミング言語として設計されているRust。本書はRustコミュニティ公式のガイドブックである。
基本的な文法事項から、Rustの中心的な機能である「所有権」の詳細、エラー処理や自動テストの方法、さらにはジェネリック型、スマートポインタ、関数型言語、並行プログラミング、オブジェクト指向の機能など、Rustプログラミングの肝となる要素のすべてを丁寧に解説する。
本書は、Rustの基本を理解する概念の章、Rustの機能を適用した小さなプログラムを構築するプロジェクトの章という2つで構成されている。それぞれを理解していけば、Rustを利用したプログラム開発にすぐに取りかかれるようになっている。
  • ISBN コード : 9784048930703
  • サイズ : B5判 変形 総ページ数: 608ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 182 × 234 × 33.9 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●Steve Klabnik:Mozilla勤務。Rustドキュメンテーションチームのリーダーであり、Rustの核となる開発者の一人。
●Carol Nichols:Rustコアチームのメンバー。Rust Belt Rust Conference(Rust地帯のRust会議)を管理している。

第1章 事始め
第2章 数当てゲームをプログラムする
第3章 一般的なプログラミングの概念
第4章 所有権を理解する
第5章 構造体を使用して関係のあるデータを構造化する
第6章 enumとパターンマッチング
第7章 モジュールを使用してコードを体系化し、再利用する
第8章 一般的なコレクション
第9章 エラー処理
第10章 ジェネリック型、トレイト、ライフタイム
第11章 自動テストを書く
第12章 入出力プロジェクト: コマンドラインプログラムを構築する
第13章 関数型言語の機能: イテレーターとクロージャー
第14章 Cargoと crates.ioについてより詳しく
第15章 スマートポインター
第16章 恐れるな! 並行性
第17章 Rustのオブジェクト指向プログラミング機能
第18章 パターンとマッチング
第19章 高度な機能
第20章 最後のプロジェクト: マルチスレッドのWebサーバーを構築する


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品