WBC 侍ジャパンの死角

WBC 侍ジャパンの死角

重盗の責任は私にある。サインを出したコーチの告白。
定価: 1,512円(税込み)
発売日:2013年06月17日
山本監督と梨田ヘッドに「(ダブルスチールを)狙わせますよ」と確認を取った。
山本監督は「おー、行かしてくれ」と言った。
2点負けているのだ。黙っていても成り行きでゲームは動かない。
この場面での重盗は、野球のセオリーからは外れているかのもしれない。
しかしだからこそ、相手は油断している。
相手のスキをみつければ、そこにつけこみ、傷口を広げて止めを刺す。
それが侍ジャパンが目指してきたスモールベースボールの神髄である。
ここで狙わずして、何がスモールベースボールか。(本文より)
  • ISBN コード : 9784041104842
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 248ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 0.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

第1章 灰色のチームカラー
――侍ジャパンのメンバー決定
第2章 燻し銀のヒーロー
――福岡1次ラウンド、ブラジル、中国、キューバ戦
第3章 4時間37分の死闘
――東京2次ラウンド、台湾、オランダ戦
第4章 重盗ミスの真実
――サンフランシスコの準決勝、プエルトリコ戦


送料無料
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品