舞姫・うたかたの記

舞姫・うたかたの記

著者: 森 鴎外
440円(税込)
発売日2013年06月21日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041008430
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 224ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 9.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

激しくも悲しい恋の顛末を描いた名作

エリート官僚の太田豊太郎は、留学先で孤独に苦しむ中、美貌の舞姫エリスと恋に落ちた。世紀末のベルリンを舞台に繰り広げられる激しくも悲しい青春を描いた「舞姫」など5編を収録。文字が読みやすい改版。

*商品のパッケージ変更に伴い、掲載画像とは異なったデザインの商品が届く場合がございます。あらかじめご了承ください。


著訳者プロフィール

●森 鴎外:1862年島根県生まれ。藩主典医の家に生まれ東大医学部を卒業し軍医となる。『舞姫』他の独逸三部作で文壇に地位を確立。諦念を基調とした高い知性と教養を備えた格調高い文体で、反自然主義の立場に立ち、大正以降は歴史小説を多く執筆。夏目漱石と並ぶ明治の文豪。1922年没。
最近チェックした商品