とんでもなくおもしろい宇宙

とんでもなくおもしろい宇宙

超大爆発に超高速! イメージを一新する宇宙旅行へご案内
定価: 1,512円(税込み)
発売日:2016年01月23日
夜、空を眺めると星のまたたきに心安らぎます。
静けさに満ちた不変の宇宙……というイメージですが、太陽は毎秒21キロの速さで銀河系を動き、フレア(太陽面爆発)が起きると、ジェット旅客機の数千倍もの速度でガスを噴出させます。また、火星には標高2キロという山があり、宇宙には大爆発を起こす恒星が次々と見つかっています。
20世紀になり、宇宙は私たちがイメージしている姿とは異なり、おどろくほど動的なことがわかってきました。
私たちの想像をはるかに超えたスケールで起こるさまざまな現象、知っているようで知らない宇宙の姿を、太陽研究の第一人者が楽しくご案内します。
さあ、とっておきの宇宙旅行へでかけましょう!
  • ISBN コード : 9784044095000
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 208ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 16.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●柴田 一成:京都大学理学研究科附属天文台教授、台長、および同大学宇宙総合学研究ユニット副ユニット長。1954年12月24日大阪府生まれ。京都大学理学部卒業、同大大学院理学研究科博士後期課程宇宙物理学専攻中退。愛知教育大学助教授、国立天文台助教授などを経て、99年より京都大学教授に。理学博士。2001年、天文学会林忠四郎賞受賞、09年、文部科学省の科学技術政策研究所「ナイスステップな研究者」に選ばれる。10年、初の単著『太陽の科学』で講談社科学出版賞受賞。著書はほかに『太陽 大異変』などがある。

はじめに

第1章 とんでもなく激しい太陽の素顔と星のスーパーフレア
見た目はつるつる、母なる星ですが…  信じられないほど大規模な太陽の活動  黒点の正体は?  太陽フレアは「今そこにある危機」  150年前がフレア観測の幕開け  星でもフレアを発見! 少しずつ共有され始めた危機感  黒点とフレアの関係  カギを握る冷たいプラズマの雲  天文学者が大災害を防いだ!

第2章 超巨大な衛星、月の不思議 
満月になると赤ちゃんが生まれる?  月はどうやって生まれたか  That's one small step for a man, one giant leap for mankind.  クレーターの名前  知られざる月の構造  月がいつも同じ顔を見せている理由

第3章 個性豊かな太陽系の惑星たち
惑星ってなんのこと?  人類にパラダイムシフトをもたらした金星  「火星に正月はない!」  グーグルで火星旅行を  地球外生命体はどこに?  メタンで生きる生物?  彗星が生まれる不思議な雲  超新星を証明した藤原定家の「明月記」  謎に包まれた昭和のアマチュア天文家  世界もたたえる「明月記」

第4章 スーパーフレアの謎を解くリコネクション
太陽表面で再加熱という謎  とてつもなく大きな磁場  「ようこう」衛星がとらえた磁気リコネクション  コロナ発生の未解決問題  オーロラもリコネクション?

第5章 宇宙物理学者による地球外生命体のマジメな議論
UFOは本当にいる?  UFO好きはつらいよ  知的生命体との遭遇はもうすぐ?  知的生命体と出会う確率を導く数式  宇宙人でぎゅうぎゅうなのに?  フェルミのパラドクスを抜け出すには

終章 天文学者が目指す地平

文明の進化は天文学とともに  科学は常に政治に左右される  研究者も空気を読む  地球は寒冷化する?  実学重視のあやうさ  私が太陽研究をする理由  夢で数式の答えが見つかる!  すべてつながっている

あとがき


stok_
送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品