大政事家 大久保利通 近代日本の設計者

大政事家 大久保利通 近代日本の設計者

968円(税込)
発売日2015年03月25日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784044092191
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 288ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 11.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

明治期の内治外交の困難をすべて引き受けた豪傑大政事家

王政復古のクーデター、廃藩置県の断行、西郷隆盛と決別した征韓論政変、内務省の設立――。劇的な明治期の内治外交の困難をすべて引き受けた「明治政府最高の実力者」大久保利通。迫り来る欧米列強の圧力のもと、直面した多くの難題にどう立ち向かい、日本の進むべき針路をどこに定めたのか。明治維新の各局面における彼の国家構想と政治行動に焦点を据え、「意志の政治家」と呼ばれた生涯と大久保が描いた近代日本像に迫る。

著訳者プロフィール

●勝田 政治:1952年新潟県生まれ。早稲田大学卒業後、同大学大学院博士課程修了。現在、国士舘大学文学部教授。専攻は日本近代史。著書に『内務省と明治国家形成』(吉川弘文館)、『廃藩置県』(角川ソフィア文庫)、『小野梓と自由民権』(有志舎)、『講座 明治維新4 近代国家の形成』(共著、有志舎)など。

目次

プロローグ 大久保利通のイメージ

第一章 国政参加をめざして
1 島津久光のもとで
2 薩摩藩を代表する
3 雄藩会議への期待

第二章 王政復古クーデター
1 幕府・朝廷への失望
2 西郷隆盛とともに
3 公議政体論構想
4 武力倒幕から王政復古へ

第三章 廃藩置県の断行
1 戊辰戦争の波紋
2 中央集権化への模索
3 島津久光との決別

第四章 欧米視察の衝撃
1 明治集権国家の誕生
2 岩倉使節団が横浜を出発したとき
3 大久保が見たヨーロッパ

第五章 征韓論政変
1 留守政府の混乱
2 西郷隆盛との決別
3 国家目標としての民力養成論

第六章 大久保政権の始動
1 内務省の設立
2 強まる反大久保運動
3 民業振興と行政警察の確立

第七章 志半ばの死
1 農民と士族の反発
2 内務行政の推進

エピローグ めざされた近代日本とその後

参考文献
あとがき
文庫版あとがき
大久保利通 略年譜
人名索引
最近チェックした商品