昭和と日本人 失敗の本質

昭和と日本人 失敗の本質

なぜ、戦争は繰り返されるのか−−。歴史探偵の原点、待望の文庫化!
定価: 691円(税込み)
発売日:2015年11月12日
新聞がリードした開戦への道、知られざる東条暗殺計画、幻のソ連の「日本本土侵攻計画」……。半藤一利氏が、今を生きる人々に伝えたいメッセージとは? 戦後70周年に改めて読み直したい名著が待望の文庫化。
  • ISBN コード : 9784046012487
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 232ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 11.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●半藤 一利:作家・昭和史研究家
1930年東京向島生まれ。東京大学文学部卒業後、文藝春秋入社。
「週刊文春」「文藝春秋」編集長、取締役を経て作家。
著書に『漱石先生ぞな、もし』『日本のいちばん長い日』、『ノモンハンの夏』(以上文藝春秋)、
『昭和史1926‐1945』『昭和史 戦後篇1945‐1989』(以上平凡社)、
『日本国憲法の二〇〇日』(プレジデント社)など多数。

第1章 大日本帝国の戦争目的(新聞がリードした開戦への道―伊藤正徳主筆「時事新報」の抵抗
吉田茂の対中国強硬論
大日本帝国の戦争目的―日清・日露戦争の開戦の詔書から落とされたもの
山本五十六が恐れた「衆愚」集団主義
「太平洋戦争ってナーニ?」―歴史は面白い)
第2章 「大艦巨砲」よ、さらば!(ノモンハン事件症候群―南進・対米戦争への道
ルーズベルトの甘い言葉―むなしかった日米首脳会談
海軍は「善玉」なるか?―軍縮なんかクソ喰らえ
「大艦巨砲」よ、さらば!―無用となった戦艦七十九隻
墓標一万六千里―五隻の潜水艦
知られざると東条暗殺計画)
第3章 「最後の聖断」が訴えたもの(歴史の中の長岡空襲と新潟
幻のソ連の「日本本土侵攻計画」
「天皇制を残さなくてはならない」―米国務次官・グルーの見識
スターリンが決断した「シベリア抑留」
「最後の聖断」が訴えたもの
敗戦と「どうせ」「いっそ」「せめて」―日本的ということ
敗戦への道と鈴木貫太郎


送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品