カドカワストア

  • 会員登録
  • ログイン

ありてなければ 「無常」の日本精神史

968円(税込)
発売日2015年12月25日

数量

電子書籍をブックウォーカーで購入
  • ご利用可能なお支払方法

    クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784044000028
  • サイズ :文庫判    総ページ数: 288
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 11.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

「無」と「有」のあわいに 私たちは生きている。

「世の中は夢か現か現とも夢とも知らずありてなければ」(古今和歌集)。いま、たしかに「ある」が、それは同時に、いつか「なくなる」、あるいはもともとは「なかった」ーー。夢と現のあわいに生きる我々は、そのみずからの「はかなさ」にどう向き合い、超えていくのか。「はかなさ」を巡る、無常の精神史をたどる。平凡社刊『「はかなさ」と日本人』に大幅加筆。

著訳者プロフィール

●竹内 整一:1946年長野県生まれ。東京大学文学部倫理学科卒業。東京大学教授などをを経て、現在鎌倉女子大学教授、東京大学名誉教授。専門は倫理学・日本思想史。著書に『自己超越の思想』(ぺりかん社)、『「おのずから」と「みずから」』『やまと言葉で哲学する』『やまと言葉で<日本>を思想する』(以上、春秋社『日本人はなぜ「さようなら」と別れるのか』(ちくま新書)『「かなしみ」の哲学』(NHKブックス)『花びらは散る 花は散らない』(角川選書)など。

目次

はじめに

I 現代日本人の無常感
1 「はかない」気分
2 「はか‐ない」とは
3 「はかなさ(儚さ)」としての無常感
4 「はかなさ」の向こう側

II「夢の外へ」
1 「浅き夢みじ」──「いろは歌」の決意
2 地獄・極楽とは何か──『往生要集』のしかけ
3 「どうせ」の論理──『古今和歌集』の眼差し
4 死に急ぎの思想──『一言芳談』のラディカリズム
5 「いかでかはこの世のことを思ひすつべき」──和泉式部のためらい
6 「閑居の気味」の位置──『方丈記』の自省のあり方
7 「ゆくへも知らぬわが思ひかな」──西行のふたつの「夢」

III 「夢の内へ」
1 「妄執」のゆくえ──謡曲の鎮魂
2 「一期は夢よ ただ狂へ」──『閑吟集』の狂と情
3 「忍恋」と「無二無三」──『葉隠』のエロティシズム
4 「色に焦がれて死なうなら」──近松の「心中」論

IV 「夢と現のあわいへ」
1 「ありがたき不思議」──『徒然草』の存在理解
2 「夢と現のあわい」の美意識・倫理──「幽玄」「やさし」
3 「俗の外に道なし」──伊藤仁斎の日常への目覚め

V ふたたび、現代日本の無常感
1 「人間の安心」論──近代日本の「無」の思想
芥子粒ほどの存在──志賀直哉
2 「夢よりも深い覚醒」──見田宗介の「鮮烈ないとおしさへの感覚」
3 「花びらは散る 花は散らない」──「色即是空、空即是色」の論理
4 「はかなさ」の感受性の現代的意味──ゆたかな有限性へ

おわりに
解説 西岡文彦
引用文献・参考文献