ストリップの帝王

ストリップの帝王

ヤクザと闘い、警察を出し抜き、ストリップ業界を支配した元銀行マン!!
定価: 1,836円(税込み)
発売日:2017年12月22日
ヤクザと闘い、
警察を出し抜き、
ストリップ業界を支配した元銀行マン。
バックステージから時代を握った怪物がいた!!

○刃物を抜いたヤクザ相手に大立ち回り
○全国の踊り子を一手に握る
○月収1億8千万のカネをギャンブルにすべて突っ込む
○腹にダイナマイトを巻いて警察署に乗り込む
○全国指名手配をされるも逃げ切る

 このような武勇伝と裏腹に、帝王と呼ばれた男・瀧口義弘は線の細い銀行マンだった。
福岡の進学校を卒業後、福岡の福岡相互銀行に勤めていたが、昭和50年ストリッパーとして活躍していた姉に誘われ、その日のうちに辞表を出して劇場に飛び込んだ。
以降、彼は帝王としてストリップ業界を差配するまで上り詰める。
 15年以上にわたり、日本各地、世界各国の色街を取材し、ストリップ劇場の栄枯盛衰も見てきた著者が描く、悪漢にして好漢の一代記!!
  • ISBN コード : 9784041051641
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 324ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 25.7 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●八木澤 高明:1972年神奈川県横浜市生まれ。写真週刊誌フライデー専属カメラマンを経て、2004年よりフリーランス。01年から12年まで取材した「マオキッズ 毛沢東のこどもたちを巡る旅」が第19回小学館ノンフィクション大賞優秀賞を受賞。15年以上にわたり、日本各地の夜の街と女たち。世界の戦場で生きる娼婦たちを取材してきた。著書に『娼婦たちから見た日本』、『娼婦たちから見た戦場』、『黄金町マリア』、『青線』がある。

<目次>
まえがき
第一章 芸界――銀行マン、ストリップ業界に入る
第二章 台頭――ダイナマイトを巻いて警察に乗り込む
第三章 家族――全国指名手配から逃げる
第四章 帝王――経営再建の名手となる
第五章 挫折――後継者育成に行き詰まる
第六章 劇場――最後の公演を見届ける
あとがき
主要参考文献




送料無料
販売不可商品
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品