信仰と医学 聖地ルルドをめぐる省察

out_of_stock

信仰と医学 聖地ルルドをめぐる省察

1,760円(税込)
発売日2018年11月24日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784047036086
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 304ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 127 × 190 × 16.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

現役精神科医が奇跡の泉・ルルドを考察する。

カトリックの一大聖地、フランス・ルルド。現役の精神科医である著者が、病気が治癒すると言われる彼の地を実際に訪れ、科学では説明がつかない現象を徹底検証し、信仰と医学の関係性を論じる一冊。

著訳者プロフィール

●帚木 蓬生:1947年、福岡県生まれ。東大仏文卒後、TBS勤務。その後、九大医学部を卒業し、現在は精神科医。93年「三たびの海峡」で吉川英治文学新人賞、95年「閉鎖病棟」で山本周五郎賞、97年「逃亡で」柴田連三郎賞、10年「水神」で新田次郎賞、12年「蠅の帝国」「蛍の航跡」で日本医療小説大賞、11年「ソルハ」で小学館児童出版文化賞、13年「日御子」で歴史時代作家クラブ章作品賞をそれぞれ受賞し、仏訳にピエール・ピショー「精神医学の二十世紀」がある。
最近チェックした商品