カドカワストア

  • 会員登録
  • ログイン

少年陰陽師 おどみの殿でこころざせ

イラスト: 伊東 七つ生
660円(税込)
発売日2018年10月01日

数量

電子書籍をブックウォーカーで購入
  • ご利用可能なお支払方法

    クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041056288
  • サイズ :文庫判    総ページ数: 256
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 12.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

敵方に与した兄・成親の真意とは!? <厳霊編>怒濤の第4弾!

穢れの雨が降り続く都。陰気に乱された龍脈を鎮めようと邸を出た昌浩と太陰の前に現れたのは、泉津日挟女だった! 
脩子の魂蟲を取り戻すため対峙したその時、成親に潰された昌浩の右肩に激痛が走る! 
傷とともに埋め込まれた籠目の術が教えたのは、敵に与した成親の本当の目的だった――「意地だ。あの大陰陽師安倍晴明の後継と、一度でも呼ばれた者の矜持だ」
兄弟の絆に、黄泉の赤き雷が牙をむく!! <厳霊編>第4弾!

著訳者プロフィール

●結城 光流:東京都在住。2000年9月『篁破幻草子 あだし野に眠るもの』で作家デビュー。02年1月に発売された『少年陰陽師 異邦の影を探しだせ』より「少年陰陽師」シリーズがスタート。累計500万部を超える大ヒット作となる。その他に『我、天命を覆す 陰陽師・安倍晴明』、『その冥がりに華の咲く 陰陽師・安倍晴明』、『吉祥寺よろず怪事請負処』など。
●伊東 七つ生:漫画家、イラストレーター。単行本「白き面に囚わるる 陰陽師・安倍晴明」や、角川文庫「我、天命を覆す 陰陽師・安倍晴明」の装画を担当。