坂田アキラの 複素数平面が面白いほどわかる本

坂田アキラの 複素数平面が面白いほどわかる本

苦手な人が続出の複素数平面をキソのキソから坂田アキラがビジュアル解説!
定価: 1,430円(税込み)
発売日:2018年11月19日
「基本からスッキリわかる」と評判の坂田の理系シリーズの「複素数平面」。20年前に突如復活(昭和の時代にはあった)⇒10年前に忽然と消滅⇒2015年に奇跡のカムバック!
この単元が苦手な理系受験生が多いこともあり「たすけて坂田アキラ!」という要望が多数寄せられ、最初は難色を示していた坂田アキラがついに重い腰を上げた。
学習済みの数学2「複素数」や数学B「ベクトル」の復習を要所でしながら、数を図形的に扱うという青天の霹靂の単元「複素数平面」を、ウザいくらい詳しく解説した大学受験用参考書です。
【目次】
Theme1 そもそも複素数ってなんだっけ?? 
Theme2 複素数平面のお話
Theme3 よく耳にするけど共役な複素数って??
Theme4 意外に深い複素数の絶対値
Theme5 単純なはずのお話を複素数平面上で再現してみよう!!
Theme6 |α|^2=αα ̄はかなり使える!!
Theme7 実数なのかい?? 純虚数なのかい??
Theme8 極形式とは何ぞや!?
Theme9 複素数の積&商@ 極形式
Theme10 ド・モアブルの定理誕生編
Theme11 ド・モアブルの定理激闘編
Theme12 ド・モアブルの定理開運編
Theme13 回転させてみよう!!
Theme14 まだまだ回転させたいぜーっ!!
Theme15 方程式が表す図形のお話 立志編
Theme16 方程式が表す図形のお話 情熱編
Theme17 直線に関しての対称移動
Theme18 3点が作るなす角にズームイン!!
Theme19 よくありがちな証明問題
Theme20 方程式の解としての立場
Theme21 ω(オメガ)はいつも別格!!
  • ISBN コード : 9784046020215
  • サイズ : A5判 総ページ数: 224ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 148 × 210 × 12.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●坂田アキラ:N予備校数学科講師。1996年に流星のごとく予備校業界に現れ、ギャグを交えた巧みな話術と芸術的な板書で繰り広げられる“革命的講義”が話題となる。多数の受講生から「わかりやすい」と評される圧倒的な人気予備校講師のほか「受験参考書界のレジェンド」と称される。

数量

ほしいものリストに追加
最近チェックした商品