青年市長は“司法の闇”と闘った 美濃加茂市長事件における驚愕の展開

青年市長は“司法の闇”と闘った 美濃加茂市長事件における驚愕の展開

史上最悪の不当判決はなぜ下されたのか? 担当弁護士が核心に迫る!
定価: 1,620円(税込み)
発売日:2017年12月08日
2014年6月、全国最年少市長、藤井浩人岐阜県美濃加茂市長を襲った、身に覚えのない浄水プラント収賄疑惑。贈賄を供述したのは、融資詐欺で取り調べ中の男だった。4億円近くの詐欺の余罪が不問にされており、警察、検察とのヤミ司法取引が裁判の焦点になった。一審では、贈賄供述者に虚偽供述の動機があったとして無罪判決。しかし、二審ではまさかの逆転有罪判決が下った。この国の司法はどうなっているのか。市長とともに司法の闇に挑んだ弁護士の熱き記録。

  • ISBN コード : 9784041058138
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 248ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 17.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●郷原 信郎:1955年生まれ。弁護士(郷原総合コンプライアンス法律事務所代表)。関西大学社会安全学部特任教授。総務省コンプイライアンス室長・年金業務監視委員会委員長。東京大学理学部卒業後、民間会社を経て、1983年検事任官。東京地検、長崎地検次席検事、法務総合研究所総括研究官等を経て、2006年退官。「法令遵守」からの脱却、「社会的要請への適応」としてのコンプライアンスの視点から、様々な分野の問題に斬り込む。

序章 奇跡はなぜ起きたのか 1章 私はなぜ潔白を確信したのか 2章 非道な取調べと裏付け証拠の無さ 3章 身柄奪還への人質司法との戦い 4章 市長を守った市民の圧倒的支持 5章 有罪視報道にどう立ち向かったか 6章 証言の信用性はどう判断されるか 7章 詐欺師の正体 8章 決して容易ではなかった一審無罪 9章 一審無罪事件の控訴審 10章 控訴審の迷走 11章 驚愕の逆転有罪判決 12章 上告審での再逆転無罪を確信する


送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品