日本画とは何だったのか 近代日本画史論

日本画とは何だったのか 近代日本画史論

近代・西洋・国家と格闘し続けた百年──。近代日本画、圧巻の通史!
著者: 古田 亮
定価: 2,592円(税込み)
発売日:2018年01月26日
伝統絵画と西洋画の接触が産み落とした、近代日本画という新たな表現。それは明治以後の画家たちに、近代とは、西洋とは、国家とは何かという不断の問いを突きつけることとなった。国家主義を揺籃とした明治期、皇国感情のなか成熟を迎えた大正・昭和初期、そして戦後に浮上する日本画滅亡論を超えて、日本画はどこへ向かうのか──。その成り立ちと多様性を時代ごとの様式の変遷から描ききる、圧巻の百年史。

 【目次】

序 論

第一章 江戸時代
1.江戸後期/日本画のはじまり
2.幕末明治/プレ近代日本画

第二章 明治前期
1.明治十年代後半/一八八〇年代
2.明治二十年代/一八九〇年前後

第三章 明治後期
1.明治三十年代/一九〇〇年前後
2.明治四十年代/一九一〇年前後

第四章 大正・昭和初期
 1.大正期/一九一〇−一九二〇年代
 2.昭和初期/一九二〇−三〇年代

第五章 戦中・戦後
 1.戦中期/一九三五−四五年
 2.戦後期/一九五〇年前後

第六章 日本画の今日的問題
 1.「場」の問題
 2.日本語と日本画
 3.今日的状況、展望

 年表
 参考文献
 あとがき
  • ISBN コード : 9784047036253
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 432ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 127 × 190 × 23.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●古田 亮:1964年、東京生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程退学。東京国立博物館、東京国立近代美術館を経て、現在、東京藝術大学大学美術館准教授。『俵屋宗達 琳派の祖の真実』(平凡社新書)で2010年にサントリー学芸賞を受賞。『特講 漱石の美術世界』(岩波書店)、『視覚と心象の日本美術史』(ミネルヴァ書房)などの著作があるほか、「琳派 RIMPA展」(国立近代美術館)、「香り かぐわしき名宝展」「夏目漱石の美術世界展」「うらめしや〜、冥途のみやげ展」(東京藝大美術館)などの企画展で高い評価を得ている。
送料無料
販売不可商品
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品