カドカワストア

  • 会員登録
  • ログイン

十年後の僕らはまだ物語の終わりを知らない

甘い記憶が甦る図書室で、僕の初恋は二度めぐる、はずだった――