15歳のコーヒー屋さん 発達障害のぼくができることから ぼくにしかできないことへ

15歳のコーヒー屋さん 発達障害のぼくができることから ぼくにしかできないことへ

発達障害、15歳のぼくがコーヒー屋さんをはじめました
著者: 岩野 響
定価: 1,404円(税込み)
発売日:2017年12月21日
10歳で発達障害のひとつ、アスペルガー症候群と診断。
中学校に通えなくなったのをきっかけに、あえて進学しない道を選んだ15歳の「生きる道探し」とは?

現在、15歳のコーヒー焙煎士として、メディアで注目されている岩野響さん、初の著書! ご両親のインタビューとともに、ベストセラー「発達障害に気づかない大人たち」著者、精神科医・星野仁彦先生の解説も掲載
  • ISBN コード : 9784040696539
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 192ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 12.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●岩野 響:高校には進学しない選択をし、中学を卒業後、群馬県桐生市に自ら焙煎したコーヒー豆を販売する「ホライズンラボ」をオープンした15歳。キャッチフレーズは「ぼくができることから ぼくにしかできないことへ」。発達障害のひとつ、アスペルガー症候群と向き合いつつ、自分にしかできないことを探している。

はじめに
第1章 幼少期のぼく
第2章 大きな壁にぶつかった中学時代
第3章 働くことで新しい世界が広がる
第4章 ぼくの仕事はコーヒー焙煎士です
解説  数々の選択が、よい結果につながっている 星野仁彦先生(診療内科医・医学博士)


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品