15歳のコーヒー屋さん 発達障害のぼくができることから ぼくにしかできないことへ

15歳のコーヒー屋さん 発達障害のぼくができることから ぼくにしかできないことへ

発達障害、15歳の僕がコーヒー屋さんをはじめました
著者: 岩野 響
定価: 1,404円(税込み)
発売日:2017年12月21日
高校に進学をしない選択をし、群馬県桐生市に自ら焙煎したコーヒー豆を販売する「ホライズンラボ」をオープンした15歳の著者。キャッチフレーズは「ぼくができることから ぼくにしかできないことへ」。発達障害のひとつ、アスペルガー症候群と向き合いつつ、自分にしかできないことを探している著者が見出した、個性を活かして働くこととは。同じような症状を抱える人はもちろん、発達障害のお子さんを持つ親御さんが、いかにわが子を飯を食える大人に育てればよいのか、その一助となる本。
  • ISBN コード : 9784040696539
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 192ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 12.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●岩野 響:高校には進学しない選択をし、中学を卒業後、群馬県桐生市に自ら焙煎したコーヒー豆を販売する「ホライズンラボ」をオープンした15歳。キャッチフレーズは「ぼくができることから ぼくにしかできないことへ」。発達障害のひとつ、アスペルガー症候群と向き合いつつ、自分にしかできないことを探している。

◆第1章(ないし序章):現在の話
 コーヒー屋の一日はこんなふうにしてはじまる/コーヒーに夢中になった理由(得意なこと、苦手なことがどうリンクしたか、など)
◆第2章:幼少期の話(幼稚園〜小学校)
◆第3章:中学生になってから学校を辞めるまで
◆第4章:これからの夢、伝えたいこと
※各章に両親から見た響くんの話が入ります。


送料無料
販売不可商品
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品