金栗四三と田畑政治 東京オリンピックを実現した男たち

金栗四三と田畑政治 東京オリンピックを実現した男たち

大河ドラマ「韋駄天」で大注目! 日本初の五輪選手と東京五輪誘致の立役者
著者: 青山 誠
定価: 715円(税込み)
発売日:2018年09月13日
2019年NHK大河ドラマ「韋駄天」で大注目の2人の男。金栗四三と田畑政治。

日本人が一番最初に出場した1912年のストックホルム五輪から、1940年の幻の東京五輪、そして1964年の東京五輪まで、日本で初めてのオリンピック開催までの道程を、金栗四三と田畑政治の人生にからめ、また時代背景を描いて振り返る1冊です。

オリンピックに人生を懸けた二人の熱血漢

昭和39年(1964)、快晴にめぐまれた東京の上空に、五輪のマークが飛行機雲で鮮やかに描き出された。日本が初めて出場したストックホルム大会から半世紀が過ぎ、ついにオリンピックが東京にやって来たのだ。日本人初のオリンピック選手(マラソン)・金栗四三と、招致活動で陣頭指揮を執ってきた日本初のオリンピック開催のキーマン・田畑政治は特別な思いで、この日を迎えていた――。二人の熱い男たちの魂が、オリンピックをめぐって交錯する感動のストーリー。
  • ISBN コード : 9784046023117
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 224ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 11.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●青山 誠:大阪芸術大学卒業。ウェブサイト「BizAiA!」で『カフェから見るアジア』を連載中。著書に『吉本せい お笑い帝国を築いた女』『安藤百福とその妻仁子 インスタントラーメンを生んだ夫妻の物語』(ともにKADOKAWA)、『江戸三〇〇藩 城下町をゆく』(双葉新書)などがある。

第1章 “地下足袋の王者”とストックホルムの挫折
第2章 日本のマラソン黎明期、パリで見つけた希望の灯
第3章 日本水泳界の若きリーダー・田畑政治とロサンゼルスの歓喜
第4章 しのび寄る戦争の影と幻となった東京大会
第5章 再びオリンピックの舞台へ、止まった時間が動き出す
第6章 ついにその時が来た、1964年、歓喜の東京オリンピック
第7章 尽きぬオリンピックへの思い、聖火は再び東京へ


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品