折紙堂来客帖 折り紙の思ひ出、紐解きます。

折紙堂来客帖 折り紙の思ひ出、紐解きます。

折り紙に導かれ、誰かを想う悩みは あたたかな真実へとたどりつく――。
著者: 路生 よる
イラスト: pon-marsh
定価: 638円(税込み)
発売日:2018年06月15日
角川文庫キャラクター小説大賞《読者賞》受賞作『地獄くらやみ花もなき』に続く、
第五回 富士見ラノベ文芸大賞〈審査員特別賞〉受賞の期待作が、ついに刊行!

 祖父と2人暮らしの高校生・漱也はあやかしの世との狭間「茜辺原」に迷い込む。そこで出会ったのが、青い瞳の少女・蒼生と、彼女が店主としてあやかしと人の問題を解決する「折紙堂」。
 漱也は突然彼の前に現れた<真っ黒お化け>の謎を解くためにも折紙堂に通うことに。同時に、お人好しな漱也は知人の悩み事のために蒼生の知恵を借りていく。
 折り紙とあやかしにまつわるさまざまな謎が、聡明な蒼生の知識と漱也の真心で紐解かれ――?
 折り紙が紡ぐ、現代和風ファンタジー、開幕!
  • ISBN コード : 9784040727127
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 256ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 10.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●路生 よる:2017年、『折紙堂の青目鬼 折り紙あやかし事件帖』にて第5回富士見ラノベ文芸大賞「審査員特別賞」を受賞。
また、同時に『地獄くらやみ花もなき』にて、第3回角川文庫キャラクター小説大賞「読者賞」も受賞し、新人賞2冠に輝いた。
その作風は、丁寧な取材に基づく描写と、緻密な構成で読む者を魅了してやまない。
なお、本作は『折紙堂の青目鬼 折り紙あやかし事件帖』を改題・改稿したものである。

【目次】
一折り目 傘さし狸と迎え人 ――蛙――
章間   一
二折り目 花であれ、鳥であれ ――蝶と菊――
章間   二
三折り目 おばあちゃんの鍵 ――折り雛――
章間   三
四折り目 狐の子 ――折り鶴――
終章


数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品